自由な宇宙人のつぶやき

好き勝手書いています。気分と風の流れによって内容が大きく変わるので別人のようになりますが私は私です。

高校生の時に読んでおけばよかった自分を変えてくれた本たち

 

お題「高校生の自分に読ませたい本」

私の高校時代は・・・・

野球ばっかりやってました。

ドラマに出てくるかのようなまっすぐな高校球児でした。

なので一日24時間の中に

「読書」という名のイベントを設けることなどほとんどなく

野球・授業・食事・睡眠のどれかで完結するようなしょうもない生活でした。

何も得るもののない、ただ苦しく長い時間だった

別にそれが悪いわけではなく

何かに一生懸命になることは別に馬鹿らしいことでもなんでもない。

何より「何かをする」ことは

「何かをしない」よりはよっぽどいいことだといわれている。

 

ただ、ただですよ、

そうやって打ち込んだ「何か」が

形にならなければ、社会的には「無意味」になってしまう。

簡単に言えば、

高校球児をやってても

将来お金を野球で稼げるようにならないと

家族を守ることはできない。

自分にむけて莫大なお金を投資してもらっておいて

リターンが0というのは

残酷な言い方をあえてすれば

自分に投資してくれたお金も、自分が投資した時間も、

すべて無駄である。  最近そんなことを平気で思う。

 

 

自分にむけて散々な物言いだけど

それはすべて「自分が源である」と受け入れるための覚悟と捉えていて

人のせいにするつもりはさらさらない。

すべて自分が悪いんだ。

そう思わせてくれたきっかけは

 

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」だ。

 

 

久しく読んでいないからいろいろと忘れている部分が多いが

自分が中心となっているこの世の中を

どうしようとしたくてもすべては自分次第で

人間の行動はすべて目的のもとに成り立っていると

教えてもらった。

例え言葉を発せない赤ん坊でも

目的の達成のために行動を起こしていて

それは人間であればみな同じであると。

とにかく自分の価値観を一新してくれた本である。

 

さっきの話の続きを言えば、

リターンがなくて無駄な時間になるのが

「社会的」な見解でも

自分だけの目的があるなら

どこまでも追い続けるのは素敵なことだとおもう。

 

 

嫌われる勇気、幸せになる勇気で題材になっているのが

「アドラー心理学」なのだが

これが別名「勇気の心理学」と呼ばれていて

すべて自分の行動次第で決まるというもので

何とも世の原理原則を説いたもので

これが自分のなかにはすっと入ってきた。

 

少しでも自分を変えたい。良い方向に進めたいなら

ぜひとも読んでほしい。

 

 

 

あと一つだけおすすめさせてください

最近の記事によく登場するが

堀江貴文の「すべての教育は【洗脳】である」を

本当におすすめしたい。

間違いなく

自分の中にあるネジが2本は吹っ飛ぶ。

 

先日のエピソードを1つあげると

1個下の後輩にこの本を勧めたら

ドはまりして、

 

その1週間後から絶妙なタイミングで教育実習があったのだが

実習先の先生(その後輩がそれまで恩師と慕っていた人から)

これでもかと怒られたらしい。

話を聞いてみると

現在の社会の事とか自分の経験談を

ただ「正直に話しただけ」といっているが

すでに現在の教育に少しばかり疑問を持っていた彼と

ありがちな「The先生」みたいな人とでは

当然馬が合わないだろう。

後輩は良くも悪くも

今のご時世に蔓延する様々な情報を柔軟に取り入れて

自分の言葉」を見つけただけであって

 

それに対して怒鳴った彼の恩師は

ただ「自分の正しさ」を押し付けただけ。

ただそれだけ。

 

年齢が高いから

自分の方が偉いから

怒鳴ればいいと思っているだけ。

アドラー的な言い方をすれば

自分が正しいと叩き込んでいるに過ぎない(目的論)

 

 

ちょっと話が逸れすぎた

ってなわけで、本をいくつか読んだだけで

人間関係が変わったり

自分から見た世界の幅が広がったり

本にはいろんなありがたみがある。

4,5年前の自分がこの本と出会ってたらな~。

 

 

 

別に上で紹介した3冊じゃなくていいから

書店を散策して

グッときたタイトルの本を購入して読んでみてほしい。

それが結構楽しいしハズレがない。

自分はそれがオフの日の好きな過ごし方。

心の針がグラっとなったとき

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

f:id:Jonjun:20171102162522j:plain

いろんなことがあって日常なんだとは思ってみるけれども

一人の時間を多くしている私からすると

 

「何のために生きているのだろう」

 

この問いが大きく立ちはだかることが最近は多い。

 

 

最近も自分の力不足で

大きな大きな取り返しのつかない後悔をした。

打ち込んでいるものが終わり。

成し遂げたいと思っていたことを達成できず。

しかしながらプロセスの中で多くの人の力を借りた。

=その人たちの時間を奪った。

結果が出なかったのだから

自分・そして自分と関わった人たちの時間を奪うという

大きな罪を犯したというレッテルを背負い

私はこれからの人生生きていくことになるのが最近確定した。

 

 

他にもいろいろあって

心がぶれたときや揺さぶられたときに

パソコンを開いて何かしらものを書いていると思う。

このお題を書いている人の中にちらほらいた

「整理」を

私もここでしているのだと思う。

 

 

前にも言ったかもしれないけど

私は自分に対して

「自信」

というものが極端になくて

よく心の針がぶれるが

おおきくぶれると極端に

何もしたくなくなるので

ブログを書いているときというのは沼から片足出たくらい

というのが正直なところ。

 

これちなみに書いていて今気づきました。

 

まああれなんですかね

誰かに話を聞いてほしいのかもしれないです。

慰めてほしいのかもしれないし

「そんなことないよ」

「大丈夫だよ」

って言って欲しいのかもしれない。

22にもなった大学生がそんなこと言うのはきもいので

別に求めてはないですが

根底にあるのってそんなもんなのかもしれませんね。

 

 

最後に

色々書いてきましたが

自分で書いた記事をきっかけに何かをがんばる決意表明である場合も多くて

その勢いがなくなった時も書いています。

自分に対しての不利益なんて

大体自分の力不足だからいけないんだ。

そう思うことが最近は特に多くなった。

ただその分ぎくしゃくして悔しい思いをすることも多かった。

それを人から隠すことも多々あった。

これからもこっそりだとは思うけど

色々と頑張ろうと思う。

自分という人間が

社会に向けて提供できる価値とは何なのか

分かるまでは止まらないつもり。

田舎者が渋谷ハロウィンに行ってみた感想

f:id:Jonjun:20171102153742j:plain

警察までも巻き込むそのイベントは

一瞬で過ぎていき

私のハロウィンもあっという間に終わってしまったのですが

田舎から出た人間としてはいくべきじゃないですね笑

その理由をちょくちょく載せていきます

 

1.以外に暖かい

人混みで散々もみくちゃになりましたが、

渋谷は意外に暖かかったです。

先日の気温は恐らく10℃を下回っていたものの

人が余りにも多いこともあって

人間の暖かさみたいなものをひしひしと感じました。

だから女性なんかはやたら露出高くても思ったよりやっていけるんですね。

納得しました。

 

 

2.天性のセンスは・・・ある。

これ何のことかというと、

「人からちやほやされるセンス」の事です。

私が見かけたパターンだと

疲れて道端で休憩したときに遭遇した

ばななの恰好をした女の子が二人。

 

ことごとく男性の集団に飲み込まれて

コールに乗せてお酒を飲んだりいい感じの男性を捕まえては

ラブラブしてました。

妬いてるわけではなく、いたって冷静に観察してました笑

見てるこっちが恥ずかしくなるくらい元気に盛り上がっていましたが

ああいう場で一つリミッターを解除できるのも

一つの才能かなと。

 

 

3.頑張れば写真を撮ってもらえる。

正直これは簡単です。

「ねえねえ」「写真撮ってください」

これでOK。

 

これが年一回のハロウィンのパワー。

 

じゃあ何をがんばればいいのかというと

「写真を撮る」という行動そのものですね。

当然ながら

四方八方が人なので

いくら相手からOKが出ても自分の能力次第では

ひどい写真しか撮れないです。

これは切実な問題なので

程よくいいスペースの場所で写真撮影だけに特化したほうがいいでしょう。

 

あと、自己管理にはなりますが

セルカ棒はやはり活躍します。

 

 

4.当然のことを言うが

人混みが苦手な人は本当にお勧めしません。

人混みとかそんなものを通り越した世界が

渋谷では待っています。

ちょっとかわいくしたコスプレをしても

そんな人うじゃうじゃいます。

ちょっとかわいい人と仲良くなりたいなと思っても

そんな男どもしかいません。

ここぞとばかりに男も女もあほもガキもわんさかいます。

スペースの無いサファリパークみたい。

 

自分も居合わせたので馬鹿にしているわけではないですが、

本当にそんなところです。

 

 

5.最後に

「遊びに行く」という言葉を使えば

あの地に行く理由にはなりますが

何のためにいくのかと考えるといまいちいい理由が思いつかないのが

渋谷ハロウィンでもあります。

 

ひょっとしたら

「みんないるから」みたいな薄っぺらさが

折り重なってあんなことになるのかもしれませんね。

本場アメリカなら学校に仮装していったり

ホームパーティーをしたりが主流らしいので

元気な輩が一方的に粋がるものではないみたいです。

 

 

話は変わりますが

Twitterを始めてみました。

@jonjunsbrog

日々しょうもないことをここで記事として載せてきましたが

しょうもないリアルタイムのことばを投稿していこうと思います。

ちなみにフォロワーは今1人です。笑

けど気にせずツイートしていきます。