スポ根教育の失敗作

無心で白球を追うことが至高だと思っていたが、どうやら違うらしい。スポーツと書評、心と身体のバランス。

ラン記録 ~2018/4/1~ ここまで走りやすい季節を知るともう中毒

久々に走りました

バリ島での幸せなランニングから約1か月経過してやっとまた走ろうと思うようになりました。さぼり癖もほどほどにしてほしい。

f:id:Jonjun:20180402132023j:plain

今回の記録はこんな感じになっていまして

個人的な感覚からするとかなり落として走るようにしました。

デッドポイント(呼吸が苦しくなるポイント)が来たら少し落として

決してばてたりしないようにしよう心がけ。

基本的にせっかちな私ですから

できるだけ焦って走らないようにしてみました。

 

走っていると・・・

いつも感じているのですが

(ん、もうここまで走ったのか)というポイントが出てきます。

夢中になっていてどこか集中力が切れた状態。

よく言われるゾーン状態のよう。

最近本屋で見たのですが

脳科学者の茂木健一郎氏がマインドフルネスランニングというものを提唱していたのでその状態になっているのかもしれません。

確かにランニング後の爽快感といったものもこの辺からきているのかもしれませんね。

 

ただ、走って1時間後くらいが死ぬほど眠くなります笑

血糖値の急激な昇降が原因だとは思うのですが、

こうなるのが分かっているから社会人になってからの平日に朝ランをしようとは思わないんですよね~   殺されます。笑

 

春が来てかなり走りやすい気候になってきたので

ちょくちょく走っていこうと思います。

ただ今は目の前を歩くリクスーの新入社員達を見て

数日後にあの仲間入りするのかと思うと寒気がしますね。